体の健康を保つ3つの酵素とは?効果できる効果を解説

体の健康を保つ3つの酵素とは?効果できる効果を解説

 

体の健康を保つ3つの酵素って何

酵素はたんぱく質からできていて、体内における消化吸収、新陳代謝などに欠く事の出来ない物質です。

 

酵素は大きく分けて3種類あり、体内酵素の消化酵素と代謝酵素、体外酵素の食物酵素です。

 

食べた物を消化吸収(体のエネルギーとして使えるように変える)させる「消化酵素」。

 

消化酵素によって変えられた食物エネルギーを体内で使う役割や、体のすべての活動に欠く事の出来ない「代謝酵素」。

 

消化酵素を助ける役割の「食物酵素」。

 

この3つの酵素の働きがあって体の健康は保たれるのですが、3つのバランスが崩れると体に様々な影響が出てきます。

 

 

3つの酵素の働きとバランス

食べ過ぎたりすると消化酵素が多く働きます。消化酵素を使いすぎると代謝酵素が減ってしまいます。すると、肌荒れや胃腸不良などの影響が出てきます。

 

逆に、風邪など体の調子が悪い時は代謝酵素が多く働き、調子を整えようとするため、消化酵素が減り食欲が落ちるなどの影響が出てきます。

 

体の健康は代謝酵素が大きく関わっています。代謝酵素を減らさない事が健康を保つ事に繋がるので、消化酵素の働きを補う食物酵素を体内に入れる事で消化酵素の使いすぎを防ぎます。

 

食物酵素は生野菜、果物、発酵食品などに多く含まれている酵素です。これらの食品を食べるだけで酵素を摂る事が出来、消化酵素を補い、代謝酵素を減らす事を防げます。

 

 

酵素が人気

近年では、酵素ドリンクでのダイエットも人気があります。

 

酵素ドリンクダイエットの口コミブログなども登場していますので、参考にすることができます。